大人ってキチガイばかりなんか?終わってるクレーマーたちの紹介

この記事を書いた人

名前:ハヤパパ(元営業マン)。得意:インターネットマーケティング、サイトアフィリエイト、外注化。 肩書:会社員。元ビビリーマン。サラリーマン時代、常にビビって萎縮。ミスも多く上司、お客さん問わず怒られまくっていた。「このまま人生終えたら、後悔しか残らん!何より怒られたくない!」精神で在職中にビジネス起業。バレないように必死こいて対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。1年で本業の収入を超えて会社員脱出中。会社を辞めたい給料18~30万で頑張っているサラリーマンに「働かずして稼げる仕組みを作ろうぜよ」と謙虚に低姿勢でサポートをしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で最高100人雇い、最低1ヶ月100記事以上をサイトに投下中。時間のないサラリーマンに外注化を推奨している。



耳で聞ける読書アプリ。月額750円で聴き放題。通勤中に聞きまくれるし、聞き流しで本が読める革命。1日1冊は余裕で達成。どんどん賢くなっていく最強ツール。無料期間あるから気軽にお試しを。価値観崩壊!

日本最大級!オーディオブックなら - audiobook.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうもハヤパパです。

クレーム対応って大変ですよね。なんかもう命すり減らすというか、心がかなりえぐられる感じで1日の気分をブルーにしてくれたりしますね。

僕は携帯販売を4~5年くらいやってたんですけど、携帯業界ってクリーンなイメージと言うかスマートなイメージありますが、販売員がめちゃくちゃクレーム対応に追われてるケースって多いんですよね。

特に40代とか50代の男性はクレーマータイプですね。しかも別に上司でも無いくせに追い込んでくる系で、何ここで威厳発揮しにきてるんや?ってまじで疑問なんですけど、クレームっていうより叱りにきてる感じです。

今は業界離れてゆるっとしてますが、本当に毎日のようにくるクレームに対応するのが本当に嫌で嫌でたまりませんでした。

でもおかげでビジネスをやるパワーみたいなもんをもらった気がします。それに携帯電話の業界で働く人って結構いい人が多かったりします。(社内恋愛系も多いんですが、手を出さないほうが平和に生きれます笑)

僕が実際に対応したクレーマーたちを紹介します。

クレームに悩んでいる人に読んでもらって、楽しんでもらえれば嬉しいわけですわ。

だって、そんな残念すぎるクレーマーたちはあなたが今必死に対応していたり、悩んでいたり苦しんでいるなんてことを1ミリ足りとも察してくれること無く、むしろクレームを言えた自分をヒーローのように感じつつ、さらにスッキリした開放感で、何やらお尻の方もスッキリしている状態の可能性が非常に高いですよ。

なんでそんなクソクレーマーたちのことなんて、気にしてる時間まじもったいない。もったいないから僕は夢を描き泣く〜んですよ。

こんなんガソリンにして、楽しい方へ持っていきゃいいんですよ。すげーやつになって見返すどころか、はるか先に見えない所にたどり着いて、人生を謳歌してやればいいですよ。

自分のステージさえあげてしまえば、クレーマーがはびこるステージなんて超えて生きましょうや。

まあ、すぐには出来ないっすけどね。笑

こんな過酷な状況でハヤパパって頑張ってたんだって思ってもらえて、じゃあ自分もちょっとは頑張ろうかなって思ってもらえたらめちゃくちゃ嬉しかったりします。

ということで紹介していきます。

僕がこうやってブログ書いたり、サイト作ったりするある意味ガソリンになってくれたことを非常に感謝しつつ、熱烈な思いを込めて紹介していきたいと思いますわ。

この人達がいたから、僕は「このステージを脱出して、自分が好きなお客さんだけと仕事がしたい」という価値観を持つキッカケにもなりました。

そして「腐った大人になりたくない」って本気で思うキッカケになりました。

だから100万とか投資してビジネス勉強して、勉強して這いつくばってでも脱出しようと思いましたから。

30代関西弁の経営者からネットビジネス学んで副業始め人生変わった話

じゃ紹介していきます。

2年前の契約が間違ってると主張する歯医者夫婦編

まず、このクレーマーは40代の男性でした。

中肉中背の男性で、来店するなり「責任者を出せ!」と怒鳴り散らしていました。当時責任者は店内にいなかったので、1番見た目が弱そうな僕が対応することになりました笑

客:「お前か!責任者は!」

ハヤパパ:「は、はい!責任者の真似事させてもらってます。どのようなご用件で?」

客:「契約が違うんじゃボケーーーー!」

まあこんな感じの炎上具合でした。

この歯科医さん。とにかく何故か上から目線で、奥さんが2年前に契約したが契約内容が違っているからなんとかしなさいという、ほぼ命令形の口調でやってきました。

いやーお医者さんって結構上から目線な人多いですけど、お客さんとしてきてその態度ってすげーなって思いましたわ。別に部下でもない他人にその態度って普段よっぽど嫌われてるとしてか思えない態度。

さらに言えば、2年前ここで契約したんですけど覚えてますよね?

とかほざいてるんですよ。

覚えてるわけなかろーが!!!!!

てか契約担当者僕じゃないじゃないですか!覚えてるわけ無いじゃないですか!ってことがお医者さんでもわからんのか?ってまじで思いました。

歯医者ってアホなのか?ってちょっと思ったくらいです。

なので、「じゃあ2年前に担当したスタッフ呼びますんで、名前覚えてますか?」ってきいたら「覚えてるわけねーだろ!2年前のこと!ふざけんな!」ですって。

理不尽選手権優勝まちがいなしでしょ!

自分は覚えてないのに、こっちは覚えてなきゃいけない、しかも担当でもない人の契約内容をってやばいでしょ。

しかもですよ、契約内容を調べて伝えようとすると、「ウソをつくな!」を何故か連呼するんですよ。「正確な情報じゃないと許さない!」ってもうすごい剣幕。

話を整理させて下さいねって伝えても、「私は全て理解をしている。だからウソをつくな!私の目をみなさい!」ってやばいでしょ。

いやいやあんたが正確な情報をって言ってるから調べながら伝えてるわけで、目線切るでしょ。って思いましたが、心底すげー人間いるなーって思いました。

スタッフのこと何だと思ってるんでしょうかね?

仕事中になんか嫌なことがあったんでしょうかね?ストレス発散に付き合ってあげたと思って我慢しましたが、まあ残念な人間ですよね。

お医者さんだからって偉いと勘違いしている、終わってる人間ですね。

こんな尊敬できない人間には、死んでもなりたくないですね。まじで。

クレーマーは僕の心を優しく強く鍛えてくれますよ。最高。

プライド系女子登場!ひたすら見下し発言を繰り返す女警察官 

次に出てきたのが、プライド系女子。警察手帳をチラチラ見せてくる女性警察官でした。

警察官てイメージ悪かったんですが、そのイメージが更に強化された一見でした。まず上から目線感がすごかった。

なにかあるごとに「君はさあ」って言ってくる、非常に腹立たしい警察官でした。「君ってなんなん!」って思いましたよ。

とりあえず話聞きにきてやった感がすごかったんで、低姿勢に説明したら、「もういいわ」って言って去っていきました。クレームとはちょっと違うかもですが、上から目線がやばかった女性警察官でしたね。

くっそーーーーー!

ってめっちゃ思いました。まじでムカついたわ。せめて美人であれ!そしたら何でも聞いてやるわ!って

普段は誰かに上から目線で命令されまくってるんでしょうね。自分より下っぽい人を見つけると上から目線になってしまう残念中の残念警察官でした。

契約書完全無視!クレクレ演歌歌手

このクレーマーは1番やばかった。精神的にかなり追い込まれましたね。

言うなら「生涯クレーマー宣言」

詳細は「裁判沙汰?人生で最もメンタルやられたクレーマーとの対決」でも書いてますんで、よかったら。

このクレーマーは僕に図々しさと、欲しい物へのあくなき欲求を持ち続けることの大事さを教えてくれました。

契約書なんざどこにもないぞ!と言いながら、その書類が目の前のテーブルにあろうとも、自分が要求していることは絶対に譲ってはいけないという、熱いスピリットをもらった気がします。

サラリーマンって辛いよね!

他にもサラリーマンってつらたんって記事書いてるんで、ちょっとでも共感できたら読んで味噌。

報われない仕事ダントツトップ!飛び込み営業はつらいよ

2019年10月4日

大人のシカトは陰険すぎる!1週間されたら心が廃人になった件

2019年10月4日
—————————————————————————————————————————

どうもハヤパパです。

30歳で転職8回しました。
普通の感覚で言えば終わってるかも知れません。


ジョブホッパーの時点でサラリーマンとして出世する道は
圧倒的に閉ざされていますので。諦めました。

と言いつつ、おべっか、ゴマすり出来ないんで
出世昇進は最初から無理だと思います。

今はサラリーマンやりながらネットビジネスやりつつ
100人以上の外注さんを雇って
サイト作る日々を送ってます。

1社員が中小企業レベルの人材を確保しています。

相当エキサイティングな日々を楽しく過ごしています。

コレまで社会に出てから何も続かなかった
終わってるサラリーマンが、外注化ネットビジネスで
サイトから稼げるようになりました。

しかも仕組み化出来たので
1記事も書かず勝手に出来上がります。


こんな転職男も妻と2人の子供を持つ立派な父でございます。
会社嫌い、給料上がらない、
でも子供を幸せにしたい。


ジョブホッパーになったキッカケや、子供への熱い思いを
以下の記事で語ってます。興味あったらみてください。
時給476円物語をさらっと流し読みする

—————————————————————————————————————————

会社に向いてない人のための終わってる思考メルマガ

常識外の「終わってる思考人」たちが集う精神と時の部屋はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です