小さな子持ち(2歳以下)のサラリーマンにせどりを勧めない3つの超理由

この記事を書いた人

名前:ハヤパパ(元営業マン)。得意:インターネットマーケティング、サイトアフィリエイト、外注化。 肩書:会社員。元ビビリーマン。サラリーマン時代、常にビビって萎縮。ミスも多く上司、お客さん問わず怒られまくっていた。「このまま人生終えたら、後悔しか残らん!何より怒られたくない!」精神で在職中にビジネス起業。バレないように必死こいて対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。1年で本業の収入を超えて会社員脱出中。会社を辞めたい給料18~30万で頑張っているサラリーマンに「働かずして稼げる仕組みを作ろうぜよ」と謙虚に低姿勢でサポートをしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で最高100人雇い、最低1ヶ月100記事以上をサイトに投下中。時間のないサラリーマンに外注化を推奨している。



耳で聞ける読書アプリ。月額750円で聴き放題。通勤中に聞きまくれるし、聞き流しで本が読める革命。1日1冊は余裕で達成。どんどん賢くなっていく最強ツール。無料期間あるから気軽にお試しを。価値観崩壊!

日本最大級!オーディオブックなら - audiobook.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、ハヤパパです。

今日のテーマは

「小さな子持ち(2歳以下)のサラリーマンにせどりを勧めない3つの超理由」

について解説していきます。

結論から言えば、2歳以下の子供がいる方にせどりはおすすめできません。

その理由を説明していきます。

そもそもせどりとは?

せどり(競取り、糶取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。

引用:wikipedia

せどりは、安く仕入れてきて、高く商品を販売するというシンプルなものです。商売の大原則みたいなものですね。細かいノウハウもあるかもしれませんが、安く買って高く売るということさえできれば利益がとれるので、取り組み安いビジネスです。

よく古本で行われていることが多いです。よく行われていたのが、ブックオフなどで古本を100円とかで仕入れてきて、Amazonなどで高く売るみたいなことです。

近年では「電脳せどり」といった手法も定着し、インターネットで仕入れをして、インターネットで売るなんて手法も登場しています。

僕もアフィリエイトをやる前、せどりに取り組んでいた時期があります。月に1万円くらいですが稼いだことがあります。

稼ぎやすいビジネスであることはわかっているんですが、以下の理由でやめました。

おすすめしない理由

おすすめしない理由を紹介していきます。

家のチャイムが鳴りまくり子供寝れずに家族イライラ

今考えると、ネットで仕入れをしていたので、家に荷物を届けないようにできました。直接お客さんのところに配送したり、AmazonではFBAという仕組みがあるので。

それでも、まだはじめたばかりだったということで、現物を見て見たいという気持ちと、なんとなくちゃんと手で触ってやりたいという気持ちがありました。

ネットだけだと信用できないというのもありました。

結果的に当然ですが、家にボンボン商品が届くという現象が起きました。

ひっきり無しに配送業者が自宅にやってくるという状況になってしまいました。

子供がやっと昼寝をはじめたくらいに「ピンポン」で、子供が全く寝れず、また寝かしつけ下くらいに再ピンポンでまた起きる。地獄の連鎖が起きました。

もう、奥さん激怒です。「いい加減にして!」

これで辞めました。

家に荷物があふれる

上に付随して、最初商品が届きまくったので、家にしんどいくらいに荷物が溢れました。

寝室兼僕の作業部屋が荷物置き場にかわりました。

アパートに住んでいたので、子供がガンガン荷物を触りまくります。

商品に触りまくります。

売れないと商品をどかすことができないので、荷物だらけがいつまで経ってもどうすることも出来ず部屋も狭いし、バツも悪いしで最悪でした。

資産にならない

それでいて、せどりというビジネスは資産になりにくいという性質があります。

資産にならないとは、残らないということです。

せどりはその場その場で商品を販売していく形になります。仕入れて販売、また仕入れて販売です。

なのでいつまで経っても自分が動かなければ売上を上げることが出来ないというデメリットがあります。

やっているうちに、「アルバイトと何が違うんだろう」と思うようになりました。

うまくやれば結構利益が取れるのかもしれませんが、そんなお宝のような商品は簡単には見つかりません。探して探して探して探してやっと見つけることが出来ます。

ネットだけで仕入れることができて、利益が出せればいいですが、みんな同じように考えます。

なので自宅の近くにある量販店に出向いたり、ホームセンターで仕入れを行ったり他の人と違うことをする必要性が生じてきます。すると、休日家族との時間もなくなります。

こんな作業や、仕入れ業務を毎週とやらなければいけません。

積み上がっていかないので、「やり続ける」ことが必要になります。

確かに稼ぎやすいとは思いましたが、以上の3点から僕はせどりを勧めません。というか僕は辞めました。

会社員(営業マン)にはアフィリエイトがオススメ

会社員がやるのであれば、オススメはアフィリエイトです。

上記の3点は完全クリアしているので、2歳以下のお子さんをお持ちであっても、家族をイライラさせること無くビジネスをすることが可能になります。(他のイライラポイントを持っている場合は自己解決をお願いします笑)

アフィリエイトは何より、「在庫を持たなくてOK」「初期投資が安い」「資産になる」ので、はじめやすく、将来に残るという、素晴らしさです。

参考:アフィリエイトにかかる費用っていくらくらい?(準備中)

在庫が無いのは本当に素晴らしいことです。リクスがないので。

それに仮にです。仮にアフィリエイトに失敗しても最悪「や〜めた」で良いわけです。

何か仕入れをしたわけでもないですし、初期費用で大金を使うわけでもありませんし、誰かを雇って仕事をしているわけでもありません。

在庫面や精神面を考えてもリスクがほぼゼロなのでサラリーマンが取り組む上でハードルは非常に低くオススメしています。

肉体労働を掛け持つのは将来的に厳しい

これは余談になります。

また個人的にというお話になりますが、せどりは想像以上に肉体労働です。

荷物の運搬、商品のラッピング、検品、発送業務、仕入れなど自分が動き続けることで、せどりというビジネスは利益を出していきます。

商品の発送や運搬は完全に力仕事ですし、休みの日に外に出て商品の仕入れにいくのも車があるとは言え何件も何件も回らなければ行けないので恐ろしいほど体力使います。

それでいて仕入れたい商品見つからなければ、精神的にヤラれます。

「俺の休みが消し飛んだ〜」

これなら居酒屋でアルバイトしてたほうがまだマシなような感じがします。

居酒屋アルバイトは居酒屋アルバイトなりに大変です。僕は掛け持ちで4年前くらいアルバイトしていたことがありますが、体力的についていけず1ヶ月でフェードアウトしました。

仕事が9時に終わって、10時から深夜2時までアルバイト。その後朝10時から仕事みたいな事をしていました。

正直体力持ちません。何回寝坊したかわかりません。疲れ取れません。

お金?もういいやってなります。体壊す確率めっちゃ高いです。

若いうちはいいですが、30歳、40歳、50歳と歳を取ると本当に体力仕事はできなくなっていきます。

これだけ働いていると、真面目に家族との時間もなくなります。休日寝て過ごすくらいでないと体力が持ちません。結局家族から不満爆発で家での居場所がなくなっていきます。

家庭崩壊もあるかもしれません。気をつけましょう。

まとめ

2歳以下の子供がいる場合せどりはマジでオススメしません。

家族との時間もなくなりますし、子供の寝かしつけが出来ず、奥さんの機嫌が相当悪くなります。挙句の果てには夕飯に賞味期限切れの食品を並べられる可能性もありますので気をつけて下さい。

本質的に、今の稼ぎ易さやインスタントな情報ではなく、家族にとってどの選択が一番いいのか?そして、将来的に何が残るのかを考えて、あなたにとって一番いい選択をするようにして下さい。

もし悩んだらアフィリエイトははじめやすくリスクも少ないのでおすすめです。ぜひ情報をとってみて下さい。

—————————————————————————————————————————

どうもハヤパパです。

30歳で転職8回しました。
普通の感覚で言えば終わってるかも知れません。


ジョブホッパーの時点でサラリーマンとして出世する道は
圧倒的に閉ざされていますので。諦めました。

と言いつつ、おべっか、ゴマすり出来ないんで
出世昇進は最初から無理だと思います。

今はサラリーマンやりながらネットビジネスやりつつ
100人以上の外注さんを雇って
サイト作る日々を送ってます。

1社員が中小企業レベルの人材を確保しています。

相当エキサイティングな日々を楽しく過ごしています。

コレまで社会に出てから何も続かなかった
終わってるサラリーマンが、外注化ネットビジネスで
サイトから稼げるようになりました。

しかも仕組み化出来たので
1記事も書かず勝手に出来上がります。


こんな転職男も妻と2人の子供を持つ立派な父でございます。
会社嫌い、給料上がらない、
でも子供を幸せにしたい。


ジョブホッパーになったキッカケや、子供への熱い思いを
以下の記事で語ってます。興味あったらみてください。
時給476円物語をさらっと流し読みする

—————————————————————————————————————————

会社に向いてない人のための終わってる思考メルマガ

常識外の「終わってる思考人」たちが集う精神と時の部屋はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です