【真面目は大損!】完璧主義になりたいから完璧主義を辞めた話

この記事を書いた人

名前:ハヤパパ(元営業マン)。得意:インターネットマーケティング、サイトアフィリエイト、外注化。 肩書:会社員。元ビビリーマン。サラリーマン時代、常にビビって萎縮。ミスも多く上司、お客さん問わず怒られまくっていた。「このまま人生終えたら、後悔しか残らん!何より怒られたくない!」精神で在職中にビジネス起業。バレないように必死こいて対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。1年で本業の収入を超えて会社員脱出中。会社を辞めたい給料18~30万で頑張っているサラリーマンに「働かずして稼げる仕組みを作ろうぜよ」と謙虚に低姿勢でサポートをしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で最高100人雇い、最低1ヶ月100記事以上をサイトに投下中。時間のないサラリーマンに外注化を推奨している。



耳で聞ける読書アプリ。月額750円で聴き放題。通勤中に聞きまくれるし、聞き流しで本が読める革命。1日1冊は余裕で達成。どんどん賢くなっていく最強ツール。無料期間あるから気軽にお試しを。価値観崩壊!

日本最大級!オーディオブックなら - audiobook.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちはハヤパパです。

完璧主義な真面目な人は人生損します。

大損こきます。

先日こんなツイートをしました。

完璧主義は人生の害悪です。作業スピードは遅いというかそもそも作業が進まなかったりします。
結果的に絶対的な作業量をこなす事が出来ずいつまで経っても質が上がりません。
初心者のうちは完璧主義を捨てて、クオリティは度外視で圧倒的に作業量をこなす方が大切だと、僕自身の体験から感じます。

完璧主義って人生のスピードを限りなく減速させます。マジで今すぐ辞める方向に舵を取ることをおすすめします。

 

完璧主義だと完璧になれない

ツイートの通りなのですが、初心者のうちに完璧主義をこじらせるといつまで経っても完璧なものは出来ないです。

しかも成果が出るまで時間かかります。なので完璧主義って実は時間のムダだったりします。

人生の時間のムダ遣い。

そして完璧主義最大のデメリットが以下です。

  • 圧倒的な作業量の不足

圧倒的な作業量の不足

完璧主義に陥ると、

完璧な文章を書かないといけないと感じたり、動画もプロみたいに編集をしっかりやらなきゃとか思ったり、音声でもつっかえないように喋らなきゃとかハードル高く設定しがちになります。

でも、最初っからそこまでやる必要なんてなくて、文章も小説みたいな面白い物語とか、正しい日本語求め過ぎなくてOKです。何故なら量がこなせないからでして、上級者であれば質にこだわって追求すれば高品質なものになるかもしれません。でも初心者のうちに質を求めようとしても、それは難しいんです。少なくとも僕は無理でした。

最初なんてハードル下げまくった方が絶対的にお得です。適当でほんとオーケー。

動画の編集とかもしなくていいし、つっかえながら喋って良くて、それより量をこなす方が大事。編集しなきゃとか、完璧にしなきゃとか考えると行動へのハードルが上がります。

やる前からめんどくさーっ思った時点で、何もできなくなるので圧倒的に作業量が不足していきます。

ダイエットとか、運動とか、なんでもいいんですけど、新しい事に挑戦することってありますよね?ほとんどの人が大抵3日坊主で終わってしまいますよね。中には続いちゃうのが普通ですっていうメンタルタフネスもいるかも知れませんが。

圧倒的に続かない人が多いです。原因は高すぎるハードル。

いきなり1時間ランニングしようとか、ジムに通って運動しようとか、極端な食事制限を始めてみたり、友人とか周囲の人間に「俺絶対成功させますから」とか宣言しまくってプレッシャーを掛けがちです。

で、失敗に終わる。

というのを一度くらい経験したことがあると思います。はっきり言って無茶ですよ。無謀とも言えます。

これじゃあハードル高すぎてやる前から、やる気が無くなります。で結局何も行動しない。

これでは結果なんて出ませんよね。当然です。僕もやりがちなんでめっちゃわかりますけど。

痩せようと思って、超きついメニューの筋トレメニューを1週間考えて、結局1日で辛くて辞めるっていうしょぼいメンタルの持ち主なので。

完璧主義も一緒ですよ。

やる前のハードルが高くて、結局動けなくなっちゃいがちなんですね。

初心者って圧倒的な作業量必要なのに、完璧求めて作業ができないという悪循環に陥ってしまいます。

初心者にとって最悪の自体です。

最終的には、完璧主義で居続けると何もできなくなります。

完璧主義の人は基本全ての場面で完璧主義を発揮しがちです。というか日常が完璧主義だったりします。

マジで行動とか作業がストップします。

なんにも動けません。

これは僕も初心者だった時に経験しているのであえてお伝えさせて頂きたいのですが、初心者が完璧主義に陥って作業がストップすることほど最悪な自体は無いです。これは断言します。

初心者っていうのは一言で言えば「量が足りていない人」のことです。会社で言えば新入社員、スポーツ選手ならルーキー、大工で言えば見習いですよね。

この人達全てに共通するのは、「圧倒的な作業量不足」ですよね。

ルーキーや新入社員、見習いの人たちは最低でも週5日8時間は仕事に没頭する事になります。

スポーツ選手や大工の見習いであれば自主練や丁稚奉公、休日返上だったりで一般のサラリーマンより長時間仕事と向き合う事になると思います。

そんな彼らは完璧主義なんて言ってる暇ないですよね。

あなたもサラリーマンならわかるはずですよね。目の前に業務があったらとりあえずこなしますよね。なんも考えずに次々処理していきますよね。

処理していくうちにコツをつかんだり、効率の良い方法思いついたり、いろいろアイデア出てくるはず。

これと同じようにネットビジネスも考えればオーケーです。とりあえず最初はガンガン処理していく。徐々にコツ掴む。

この流れがマジで大切だったりします。

真面目な人ほど損をします。

完成主義の人はいい意味でも悪い意味でも、真面目すぎるかもしれません。

日本では真面目はいいことと言われているから、みんな真面目になろうとする傾向ありますが、少し真面目を取っ払うくらいがちょうどいいと思います。

完成主義をこじらせて、行動できない、行動に結びつかない事は巡り巡って損します。

あとあと、なんでこだわってたんだろーって後悔しますよ。

その考えてる時間がめっちゃムダなんですよ。

真面目に考えるのも得する場合もありますが、多分損する事の方が多いです。特に今の時代。

テレビとか見ても、真面目一徹な人より多少適当な人の方が活躍してたりしますよね。現代はマジメをお客さんがそこまで重視しなくなっているというのもあります。

ビジネス的にも大損です。昔は本当にマジメで良かったんだと思います。マジメにコツコツコンテンツを作ったり、作品の完成度をバッチリ上げに行っても良かったわけです。でもですね、現代はスピード感が以前と比べて格段に上がっているので、時間をかけてしまうと、ブームはすでに終わっているということもザラにあります。

時代的なキーワードとしてスピードはかなり大事だったりします。

完璧主義が全て悪いわけではありません。

ちなみに中級者以上は真面目にコンテンツを作り上げる必要があったりします。

初心者は数です。クオリティは度外視で数の勝負をしていきます。ですが中級者以上は、ある程度どんな事をすべきか青写真を描くことが出来る段階です。その時は完璧主義を発動します。

そうしないといつまでも低レベルなコンテンツしか作れないので、単価を上げづらいんですよね。

なので、「自分は中級者だな」と思ったら質を求めるために完璧主義を発動しましょう。

ちなみに僕の中級者基準は

ブログ記事500本、youtube動画500本、チャンネル登録者数1000人、ツイッターのフォロワー1000人以上、ココらへんを基準にしています。まだまだこのブログは遠いですが、他のサイトとかでは500記事突破しているので、今後はyoutubeなどもやっていこうかなと思っていたりします。

まとめ

初心者の段階で完璧主義をこじらせても全くいいことありません。

それより数です。数。

とにかく自分がやることのハードルは幼稚園生でも超えられるくらいのハードルに設定しましょう。最初はそうでもしないとめんどくさいとか、大変とか、用事ができたとかで簡単にやめてしまうので。

大事なのは継続で、大事なのはやることで、大事なのは終わらせることだったりします。

僕は完璧主義になりたいので、今は完璧主義をやめることで、経験を積み将来高いクオリティを生み出そうと思っていますし、量をしないと質がついてこないことはわかっているので、がんがん行動をしていくためにスローガン「適当」にしました。

そのくらいのノリでオッケーですよ。

最初はどんなに高クオリティでも誰にも記事読まれないですし、youtubeも誰もみてないです。人からみられていると思うと緊張して良いもの作りたくなると思うんですけど、自分の勉強のためくらいに構えてやればオッケーなんで。

ガンガン動きましょう。

というお話でしたー。

—————————————————————————————————————————

どうもハヤパパです。

30歳で転職8回しました。
普通の感覚で言えば終わってるかも知れません。


ジョブホッパーの時点でサラリーマンとして出世する道は
圧倒的に閉ざされていますので。諦めました。

と言いつつ、おべっか、ゴマすり出来ないんで
出世昇進は最初から無理だと思います。

今はサラリーマンやりながらネットビジネスやりつつ
100人以上の外注さんを雇って
サイト作る日々を送ってます。

1社員が中小企業レベルの人材を確保しています。

相当エキサイティングな日々を楽しく過ごしています。

コレまで社会に出てから何も続かなかった
終わってるサラリーマンが、外注化ネットビジネスで
サイトから稼げるようになりました。

しかも仕組み化出来たので
1記事も書かず勝手に出来上がります。


こんな転職男も妻と2人の子供を持つ立派な父でございます。
会社嫌い、給料上がらない、
でも子供を幸せにしたい。


ジョブホッパーになったキッカケや、子供への熱い思いを
以下の記事で語ってます。興味あったらみてください。
時給476円物語をさらっと流し読みする

—————————————————————————————————————————

会社に向いてない人のための終わってる思考メルマガ

常識外の「終わってる思考人」たちが集う精神と時の部屋はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です