【モチベーションの法則】やらない方が逆に疲れてしまう理由

この記事を書いた人

名前:ハヤパパ(元営業マン)。得意:インターネットマーケティング、サイトアフィリエイト、外注化。 肩書:会社員。元ビビリーマン。サラリーマン時代、常にビビって萎縮。ミスも多く上司、お客さん問わず怒られまくっていた。「このまま人生終えたら、後悔しか残らん!何より怒られたくない!」精神で在職中にビジネス起業。バレないように必死こいて対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。1年で本業の収入を超えて会社員脱出中。会社を辞めたい給料18~30万で頑張っているサラリーマンに「働かずして稼げる仕組みを作ろうぜよ」と謙虚に低姿勢でサポートをしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で最高100人雇い、最低1ヶ月100記事以上をサイトに投下中。時間のないサラリーマンに外注化を推奨している。



耳で聞ける読書アプリ。月額750円で聴き放題。通勤中に聞きまくれるし、聞き流しで本が読める革命。1日1冊は余裕で達成。どんどん賢くなっていく最強ツール。無料期間あるから気軽にお試しを。価値観崩壊!

日本最大級!オーディオブックなら - audiobook.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、ハヤパパです。

今回のテーマはモチベーション関連で、「実行するより、実行しないほうが数万倍疲れるよ」という重要なマインドセットについて話していきます。

あなたはモチベーションがなかなか上がらず、行動できないと悩んでいませんか?作業が継続できないとか、3日坊主で辞めてしまうとか、モチベーションがなかなか上がらないと落ち込んでませんか?

そんな自分が嫌になりませんか?一度やろうと決めたことを出来ない自分に苛立ちませんか?

もしそうであればこの考えをわかっていると行動力がめちゃくちゃ上がって、ガンガン作業できるようになりますし、継続力が上がります。

結論から言えば「やったほうが数万倍ラクだよ」って話です。

作業しないと損だなってことがわかります。というかソッチのほうが楽だってわかるようになります。

普通は「やったほうが動くんだから数倍疲れるだろ」って考えると思いますが、実はやらない方が疲れるという真逆の話なんでウソっぽいかもしれませんが、とりあえず聞いてみて下さい。

僕はこの考え方を成功者の音声で聞いて真面目に感動しました。世の中にはこんなふうに考えるやり方というか考え方があるんかって驚きました。そりゃー成功者は成果出るなって思いました。

というわけで説明していきます。

やらない方が逆に疲れてしまう理由

まずはやらない方が逆に疲れてしまう理由は以下の3点です。

やらない方が疲れる理由
  • 脳内に常にタスクがある状態。
  • やろっかなーやめとこっかなーこれが一番疲れる。
  • やらなきゃいけない事をできていない自分への否定で疲れる

順番に説明していきます。

脳内に常にタスクがある状態

脳内に常にタスクがある状態だとめっちゃ疲れます。頭の中にいつも中途半端にやらなきゃいけないことが残ってる状態だからです。ムダに脳のキャパを奪っちゃう状態だからです。

仕事とかでも経験あると思いますが、金曜日に仕事が終わらず月曜に持ち越したとしましょう。すると土日の休みがなーんとなく休みなんだけど休みじゃないような経験ってしたことありませんか?仕事が気になって気になって仕方ないというかもやもやした感じしますよね。

「私はきっちり仕事を終わらす人間だから気になりません」という人もいるかも知れませんね。

その場合は奥さんとの約束とか子供との約束とか忘れてはいけない約束を思い出してみて下さい。そのことを頭から離してはダメだと脳がめっちゃ疲れます。

ラクにさせてってなるんですよ。だから疲れます。

人間心理で中途半端な物事が気になっちゃうというのがあって、ツァイガルニク効果っていう心理学なんですが、

ツァイガルニク効果は、人は達成できなかった事柄や中断している事柄のほうを、達成できた事柄よりもよく覚えているという現象。

引用;Wikipedia

中途半端なものを覚えておく性質を持っているので、次の仕事にスムーズに取りかかれるというメリットの反面、精神的に疲れるというデメリットをもってたりします。

やろっかなーやめとこっかなーこれが一番疲れる。

脳内にタスクが残っている状態と繋がっているんですが、やろうかな?やめとこうかな?と考えること、コレが1番疲れます。この迷っている時間が1番コスパ悪いし、精神的に疲れます。

シンプルにやれよって話しなんですけど、人間なんで欲張るんですよね。

時間を無駄にしたくないから選びすぎてしまったり、手をつけてもやっぱあっちの方ぎ大事だーみたいな感じでふらふらしちゃうんですよね。

結局なーんもせずに一日終わっちゃったみたいな経験一度位あると思います。

どっと疲れた感覚に陥ったことってありません?中途半端な状態で迷うとマジで疲れるっていうことです。

決断をしないという宙ぶらりんな状態を人間はストレスに感じるので、最低でもどっちかに舵を切るという決断はすべきです。

やらなきゃいけない事をできていない自分への否定で疲れる

これが1番ストレスになると僕は思ってます。やらない自分への苛立ち、自己否定、嫌悪感、自分を責める気持ちです。

自分も含めてですが、人間は完璧主義な生き物です。完璧主義捨てられると人生ラクに生きられるんですが今回の趣旨とは違うので今回は離しません。詳しくは【真面目は大損!】完璧主義になりたいから完璧主義を辞めた話を見てみてください。完璧主義辞めれます。

話を戻すと人間は完璧主義な生き物なので、できない自分に案外厳しく接しがちです。

「なんでこんなこともできないんだー」

「やる気が出ない自分はなんてクソなんだ」

「なんも続かない、、、終わってんな俺」

みたいな自己否定しまくります。やらない事で自分自身を周囲にある誰よりも積極的に追い込んでしまいます。

でやれてない自分を追い込む事で精神的に疲れます。

そもそも、なぜ行動ができないのか?

やらないと疲れるのはわかったと思いますが、じゃあなぜ行動が出来ないのか?って話ですよね。

それは「やるべきコト自体がよくわかっていない」からです。

アクションプランが明確になっていないから、行動する前にあれこれいろいろ考えすぎて迷った挙げ句行動できないみたいになることがほとんどです。

例えば料理とかで、「俺って料理できないんだよね」っていう男性多いです。理由は作り方がわからないからですよね。作り方が分かれば流石に料理が苦手な波平さんみたいなおじさんでも作れます。

会社でもっと複雑な仕事しているくらいなので、ぶっちゃけ簡単な料理作るくらい朝飯前でほとんどの人ができます。

僕はチャーハンの作り方だけはマスターしたんですよ。めっちゃネットで作り方見て研究したりして毎週のように作っては食べ作っては食べを繰り返しました。野菜切って、肉準備して、フライパン温めて、野菜を炒め、生卵をそのままぶち込んで、最後にご飯を入れ、味付けをして完成。

今ではそこらへんのラーメン屋に負けないくらいの味になっている自信があります。レシピは不要です。頭に完全に入ってます。

ですが僕カレー作れません。作り方わかりません。笑

いやいや、野菜切ってルー入れるだけじゃんって思われるかもしれませんが、ほとんど作ったことが無いので真面目に自信ありません。

僕がカレーを作れないのは、作り方がわからないことです。だから作れない。ゆえに行動できないというのと同じ理由です。

やった方がラクだし、結果的にモチベーションもマックスに高まる

冒頭でも言いましたが、結局やった方が実はラクなんですよね。とりあえずやるって決めてるからやる事に迷ったり悩む必要も無いですし、考える必要もありません。

やるって決めてるわけなんで。

どっちの方がいいかなー?とかじゃなくて、どっちもやればいいわけなんで。

どう転ぶかとか、結果は別にしても先には進めます。作業は進むのでモチベーション上がります。継続出来ている自分を肯定できるので自信も付きます。

めっちゃいいことしかないですね。笑

特に自己否定はほんとモチベを根こそぎ奪っていきます。作業する事、勉強する事、行動する事でしかこの思考は取り除けないので、やらないと疲れるんですねー。

僕もこの考えを知るまでは、すぐに辞める人間でした。証拠に8年間で8回も転職しています。笑

それでも今僕は、サイトアフィリエイトやってるんですが、最低でも記事の構成を考えるとか、ネタを出すとか実際に記事を書くという事を毎日やってます。

記事のストックは100以上溜まりました。

他にもプロゲートでプログラミングの学習をしてたりします。これは将来子供が学ぶときに少しでも教えてあげたいなと思ってやってます。

全てはこのマインドを知ったからです。例え絞りきってやりたいことが一つになっていなくても、とりあえずやる。やれない自分で居続けるほうがしんどかったらです。

なにかを継続してやり続けると、自己肯定できて結果的にモチベーションアップにつながる事を知ることができたのはラッキーでした。

あなたもこの考えを生かして欲しいです。

ネットビジネスならまずハピタスからやればいい

別に大きな一歩を踏み出す必要なんて無くて、めっちゃ小さいベイビーステップで全然OKなんですよね。

1歩と言わず、0.1歩とかでも全然良くて、0→0.1最高くらいのマインドが丁度いいです。

僕は今サイトアフィリエイトやってるのでサイト作ったり、記事作ったりしてますが最初から出来たわけじゃありません。300文字くらいしかかけないブログからスタートしてます。で何年もかけて今こうやって3000文字とかの記事をかけるように徐々に成長しただけです。

重要なのは「行動すること」なわけです。

やらないのが1番コスパ悪いんです。

結果でないし、自己否定で疲れるし、ただいたずらに時間が過ぎていくだけ。マジ無駄ですよね。

で、ネットビジネスなら初心者が”確実に”5万円稼ぐ方法!ハピタスで資本金ゲットで稼いでみるという体験とかしてみればいいと思います。ネットで本当に稼げるんだみたいな体験をするだけで価値観はガラッと変わりますんで。

と言っても実際に行動に移す人はこの記事を読んだ1割にも満たない人だと思います。

世の中の成功者は1割と言われる所以なわけですね。行動する人が1割しかいない。

ココまで読んでくれているあなたはめちゃ行動力のある人だと思うんで、まずハピタスやってみてくださいね。

まとめ

僕が言いたいのは、「シンプルにやりきった方がすっきりして楽だよ」ということだけです。

特にツァイガルニク効果じゃないですが、人間は途中で残っているものにエネルギーを奪われます。それは休んでいても徐々に徐々に奪われてしまっているのです。ガソリンタンクに穴が空いていてチョロチョロ出ている状態だと思ってもらえればわかりやすいと思います。

やらないと疲れる理由も解説しました。

やらない方が疲れる理由
  • 脳内に常にタスクがある状態。
  • やろっかなーやめとこっかなーこれが一番疲れる。
  • やらなきゃいけない事をできていない自分への否定で疲れる

特に自己否定はしんどいです。だんだん自信もなくなっていきます。マジでもったいないです。

やりきった方が逆に爽やかで疲れません。今回のマインドを身につけるとガンガン行動できる自分に慣れるので、何回も復習して行動することが大事です。

根性論ではなくて、こういう理論も知ってモチベを上げれるようになると強いという話です。はい。

以上ハヤパパでした。ありがとうございました。

—————————————————————————————————————————

どうもハヤパパです。

30歳で転職8回しました。
普通の感覚で言えば終わってるかも知れません。


ジョブホッパーの時点でサラリーマンとして出世する道は
圧倒的に閉ざされていますので。諦めました。

と言いつつ、おべっか、ゴマすり出来ないんで
出世昇進は最初から無理だと思います。

今はサラリーマンやりながらネットビジネスやりつつ
100人以上の外注さんを雇って
サイト作る日々を送ってます。

1社員が中小企業レベルの人材を確保しています。

相当エキサイティングな日々を楽しく過ごしています。

コレまで社会に出てから何も続かなかった
終わってるサラリーマンが、外注化ネットビジネスで
サイトから稼げるようになりました。

しかも仕組み化出来たので
1記事も書かず勝手に出来上がります。


こんな転職男も妻と2人の子供を持つ立派な父でございます。
会社嫌い、給料上がらない、
でも子供を幸せにしたい。


ジョブホッパーになったキッカケや、子供への熱い思いを
以下の記事で語ってます。興味あったらみてください。
時給476円物語をさらっと流し読みする

—————————————————————————————————————————

会社に向いてない人のための終わってる思考メルマガ

常識外の「終わってる思考人」たちが集う精神と時の部屋はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です