人生ちょっとでも辛いと感じたら楽に生きればいいと思う話

この記事を書いた人

名前:ハヤパパ(元営業マン)。得意:インターネットマーケティング、サイトアフィリエイト、外注化。 肩書:会社員。元ビビリーマン。サラリーマン時代、常にビビって萎縮。ミスも多く上司、お客さん問わず怒られまくっていた。「このまま人生終えたら、後悔しか残らん!何より怒られたくない!」精神で在職中にビジネス起業。バレないように必死こいて対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。1年で本業の収入を超えて会社員脱出中。会社を辞めたい給料18~30万で頑張っているサラリーマンに「働かずして稼げる仕組みを作ろうぜよ」と謙虚に低姿勢でサポートをしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で最高100人雇い、最低1ヶ月100記事以上をサイトに投下中。時間のないサラリーマンに外注化を推奨している。



耳で聞ける読書アプリ。月額750円で聴き放題。通勤中に聞きまくれるし、聞き流しで本が読める革命。1日1冊は余裕で達成。どんどん賢くなっていく最強ツール。無料期間あるから気軽にお試しを。価値観崩壊!

日本最大級!オーディオブックなら - audiobook.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハヤパパです。

最初に言っておきます。

今日の話はかなり抽象的な話になります。

端的に言えば「自己啓発系」の話です。

僕自身はあまり自己啓発的な話は
好きではありません。

現実とかけ離れていることが多いからです。

それでも伝えておきたいメッセージがあるので
あなたにメールさせて頂きました。

ただし、

今回のメールは必ずしも読む必要はありません。

何かテクニックや知識を解説したわけではないので
抽象論や壮大な話が嫌いな人は
このページを閉じて構いません。

抵抗がない方だけに読んでもらえればOKです。

まず今日なんの話をしたいのか?なのですが

一言で言えば

「もっと気楽に生きようよ」

という話です。

今の日本は本当に真面目な人が多いです。

真面目に仕事をして、働いて、
上司に言われたら喜んで
サービス残業をします。

お客さんから呼び出されれば
休みだろうが働きに出かけます。

これが多くのサラリーマンの姿だと思います。

別にそういうサラリーマンを
否定しているつもりはありません。

もともと僕自身そんな環境で働いていたので
本当に素晴らしいことだと本心から思います。

ただ一つ。
気になっていることがあります。

「なんのために生きているのか?」

が抜け落ちている気がしているのです。

仕事ももちろんですが、他にも大事にすべき
大切なことがあると思います。

・家族
・仲間
・趣味や遊び

他にもたくさんあります。

働くのはいいことですし、僕も好きですが
人生を楽しむための一つの手段です。

「仕事=人生」

という人もいますが、僕は反対です。

仕事は人生の一部だと思っているからです。

僕は人生楽しんだもん勝ちという
考え方をしています。

こういうと勘違いされることがあるのですが

これは”ラク”をするのとは違って
苦しいことも辛いこともあるけど
ひっくるめて楽しんでいこうということです。

学生時代野球部に入っていたのですが
本当に辛い練習ばかりで
いつも「辞めたい」と思っていました。

ですが練習を乗り越えて挑んだ大会の後の
達成感や喜びは格別でした。

逆に遊び半分の草野球では
この喜びを味わったことがありません。

つまり楽しむというのは
本気でやることだと思っています。

少し脱線したので話を戻すと

僕たちは「なんのために生きているか?」を
もっと真剣に考えた方がいいと感じます。

敷かれてきたレールを走っていると
働くことが正義だと感じるようになってしまいます。

ですが極論を言えば

「明日死ぬとしてもその仕事をやりますか?
他にやりたいことは本当にないんですか?」

と聞かれた時、「仕事」を選ぶ人は
ほとんどいないと思います。

最後は家族と温泉で過ごしたい
北海道の大自然を見に行きたい
A5ランクの和牛をステーキで食べたい

など、仕事”以外”のことを想像すると思います。

所詮仕事はその程度のものです。

これは極論なので真に受ける必要はないですが
一度でいいので考えて欲しいのです。

「明日死ぬとしたら何をしたいだろうか?」

その答えが、あなたの本当のミッションや
夢や目標である可能性が高いです。

仕事は自分をレベルアップさせるし
交友関係も広がる素晴らしいものと
理解はしています。

仕事をしなければ僕たち人間は
どんどん落ちぶれてしまいます。

なので必要なのはわかっています。

ですが、仕事に人生を”奪われないで”
欲しいと思っています。

冒頭のメッセージに戻りますが
人生をもっと気楽にフラットに
生きて欲しいと感じます。

あなたは「明日死ぬとしたら何をしたいですか?」

よかったら僕に教えてください。

—————————————————————————————————————————

どうもハヤパパです。

30歳で転職8回しました。
普通の感覚で言えば終わってるかも知れません。


ジョブホッパーの時点でサラリーマンとして出世する道は
圧倒的に閉ざされていますので。諦めました。

と言いつつ、おべっか、ゴマすり出来ないんで
出世昇進は最初から無理だと思います。

今はサラリーマンやりながらネットビジネスやりつつ
100人以上の外注さんを雇って
サイト作る日々を送ってます。

1社員が中小企業レベルの人材を確保しています。

相当エキサイティングな日々を楽しく過ごしています。

コレまで社会に出てから何も続かなかった
終わってるサラリーマンが、外注化ネットビジネスで
サイトから稼げるようになりました。

しかも仕組み化出来たので
1記事も書かず勝手に出来上がります。


こんな転職男も妻と2人の子供を持つ立派な父でございます。
会社嫌い、給料上がらない、
でも子供を幸せにしたい。


ジョブホッパーになったキッカケや、子供への熱い思いを
以下の記事で語ってます。興味あったらみてください。
時給476円物語をさらっと流し読みする

—————————————————————————————————————————

会社に向いてない人のための終わってる思考メルマガ

常識外の「終わってる思考人」たちが集う精神と時の部屋はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です