サラリーマンが副業禁止を回避する方法!会社に”ばれない対策”とは?


耳で聞ける読書アプリ。月額750円で聴き放題。通勤中に聞きまくれるし、聞き流しで本が読める革命。1日1冊は余裕で達成。どんどん賢くなっていく最強ツール。無料期間あるから気軽にお試しを。価値観崩壊!

日本最大級!オーディオブックなら - audiobook.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうもハヤパパです。

サラリーマンをしながら副業をする場合、どうしても副業禁止規定、つまり会社に副業がばれてしまうんじゃないかって心配になりますよね。

ただ大丈夫です。

今回紹介する方法、会社に副業がばれないための対策をしっかり施しておけば、よほどのことがない限り副業をしていることが会社にバレることはありません。会社にばれるというのはそれなりのばれてしまう原因が存在しています。

その原因の芽を丁寧に潰しさえしておけばなんのことありませんよ。

確かにばれるのを心配する気持ちもわかるんですが、それより今の会社の給料とか将来とかの方がよっぽど心配じゃないですか?老後とか2000万円必要とか言われて全然準備できる希望すら見えない、ソッチのほうがよっぽど不安じゃないでしょうか?

会社にバレることを心配して何も出来ないより、上記のことに不安を感じて、副業をばれない方法をきちんと施し、お金を稼ぐために副業をガンガンした方が最終的に自分の幸福度が高まりますよ。絶対に!

会社は頑張っても給料が上がりにくいシステム

僕はこのブログを通して何度も言ってるんですが、会社というシステムは労働者の給料が大変上がりにくいシステムが採用されています。なので頑張っても頑張っても月5000円程度しか上がらなかったりします。

コレは事実です。

なんでかって言うと、従業員の給料は固定費です。固定費は上げるのは簡単なんですが、下げるのは非常に難しいんです。経営者も人間なんで、給料アップは言い出せるんですが、給料ダウンはプライドもあるのでなっかなか言い出しにくいんですよね。

じゃあ最初っからあげない方向でという事になりがち。

僕は外注化してるんですが、継続して記事作成してくれる人の報酬は徐々に上がりがちです。でもそういう人が増えてくると徐々に外注費がかさんできて結構な出費になります。なのであまりにも高騰した場合は、申し訳ないですがお断りする感じになってしまいます。

会社の場合、簡単にクビも切れないのでなおさら給料が上がりにくい状況になります。

一方、副業でビジネスを始めれば、頑張れば頑張った分がダイレクトに自分に跳ね返って来るのでめっちゃモチベーションが上がります。しかも稼げるのでかなり余裕のある生活を送ることが可能です。

高級な家電とか、スーツも購入できるようになりますし、何ヶ月かに一回家族で海外旅行に出かけるなんてことも可能です。副業収入が本業を超え始めたのであれば、脱サラしてビジネス一本でやっていくという選択肢も浮上します。

 

 

そしたら行きたくもない会社で、やりたくもない仕事をする必要から開放されます。晴れて自由になれます。

副業頑張ることで一生必要だった労働という我慢から開放されることが出来ます。しかも稼げるようになると様々な選択肢が生まれてくるようになります。

 

 

物価の安い国外で暮らそうとか、子供の教育にはこの国が1番とか、節税は、老後はとか、住む場所はとかさまざまな選択肢から自分が1番満足できる、しかも一般の人では手が出せないチャレンジも出来ます。

副業をせずに一生サラリーマンとして我慢する人生と、ちょっとの勇気と勉強をして学習して副業禁止規定を侵さず、ばれない対策をして副業でガッツリ稼いで自由な人生を送るのとどっちを選びますか?

僕は後者一択だと思います。あなたは?

と言っても、こんな記事よんでくれてるくらいなんで、圧倒的後者ですよね。わかってますよ!嗅覚とセンスが素晴らし過ぎますよ。

というわけで、そろそろどんな対策を取ればいいか説明していきます。まずは100%ばれないようにするための対策を紹介します。もし次で紹介する対策が出来るんであればもうほか何もしなくていいです。そのくらい究極的な方法なんで。

もし、ダメだった場合でも別のやり方あるんで安心してくださいな。したーの方まで読んでください。

【対策率100%】家族口座を使える場合

もし家族が理解あって、口座を快く貸してくれる場合であれば、遠慮なく使わせてもらいましょう。家族の口座を使えるのであればもう他に対策する必要ありません。

家族口座に入金されるんであれば、そもそも副業していることになりません。会社も社外の家族の口座にまで口を出せる権限一切ございませんので、これでオール解決です。税務上の話ですけどね。

でも税務上問題なければ、会社も突きようが無いわけなんで、どんだけ利益をガンガン振り込もうが、本業の収入より5倍稼いでいようが指くわえて黙ってるしか出来ないんですね。もちろん本業が疎かになってるとかであればそれはそれで副業とは別の判断が加わると思いますんで、そこは別で考えといてくださいね。

この場合確定申告はいるんで、その家族名義で確定申告だけはしときましょう。

たぶん、めんどくさがってやってくれんと思うんで、あなたがやれば角が立たないかと。利益少し分ければニッコニコで貸してくれる可能性大です。

ただ僕の場合はこの方法は不可でした。

親はなんとくめんどくさがって貸してくれなかったですし、嫁は正社員で共働きしてたんで、いうなれば僕とおんなじ状況だったわけです。

結構共働き世帯って多いですし、まだ30代位だと親世代も現役だから借りれないケースって多いんじゃないかって思います。んで八方塞がりなって急いで副業禁止規定調べたり、この記事みたいなばれない方法探してるんじゃないかって思います。

ということで以下では、そんな周囲が敵にしか見えない状況でも超ご安全に副業をご機嫌でこなすための方法について言及します。

その前に、まず絶対やっちゃいけん副業を紹介します。これはマジでやらんほうが良いです。対策してもバレる率高いです。

アルバイトはバレるリスクが高いので避けた方が無難

アルバイトはヤバイんで辞めましょう。副業で手っ取り早く稼ごうと思ったらまっさきにアルバイトが思いつくと思うんですが、所得区分が「給与所得」になるんでバレるリスクが鬼上がりします。

他にも思いっきりバレるリスクが高いので、控えたほうが無難です。

給与所得は住民税の納付を自分では出来ない

基本的にアルバイトの収入は「給与所得」に当たるんで、住民税の納付を自分で行うことが出来ないんですね。

後で詳しく紹介するんですが、サラッと触れておくと、副業収入を得ると住民税が加算されて請求されるんですが、一般的にこの加算が請求されてバレるケースがあります。それは対策すれば問題ないんですが、アルバイトの給与所得の場合、自分で納付が出来ないんです。

なんの対策もできず、稼いだ分の住民税が本業の会社に加算されて盛大にバレます。少ない金額であれば大丈夫かもしれないですけど、ノーガードでパンチ食らうようなもんなんでリスクはありありです。

アルバイト以外であればちゃーんと対策出来るんでご安心を。後ほど説明しますねん。

配偶者控除等申請書の提出が必要なケースあり

引用:https://mura001.com/wp-content/uploads/2019/09/h30_71_input.pdf

上のような書類見たことありますか?絶対あると思うんですけど、年末になると必ず書く申請書ですね。

「給与所得者の配偶者控除等申告書」と言いますが、アルバイトだと上記の書類提出を求められます。ですが原則一社でしかこの書類出せないので、ミスってアルバイト先で提出してしまうと、本業の会社に連絡バーンって入れられてバレる可能性があります。

普通に見つかる可能性あり

アルバイトが接客業とかであれば、普通に接客中に見つかる可能性あります。

僕は以前、派遣で携帯販売やりつつ飲み屋でアルバイトしてた事あるんですが、1ヶ月で上司に見つかりました。別に派遣で副業OKだったので何も言われなかったんですが、身バレするまで圧倒的なスピード感でした。おっかない。

直接働いている所が見つかると、現行犯なんで言い逃れ出来ないです。もう成すすべなし。まあクビじゃなくて、厳重注意レベルで終わると思いますけどね。

上記の理由でアルバイトは絶対避けたほうがいい副業ですね。

じゃあどんな副業を選べば良いのか?ですが、これはいろいろ選択肢があると思います。株とかの投資とか、クラウドソーシングとか、仮想通貨とかアフィリエイトなどのネットビジネス。といったような自宅で稼げる、働ける副業を選択するのが1番ベターな選択かつ、今の時代に即している働き方です。

流行に載るのが嫌いという人もいますが、お金は流行の近くで大きく動きます。食わず嫌いせず飛び込んで見るのも自分の殻を破ることになると思いますよ。

それではここからは、株とかの投資とか、クラウドソーシングとか、仮想通貨とかアフィリエイトなどのネットビジネス。といったような自宅で稼げる、働ける副業でばれないようにするための方法を解説していきますわ。

副業が会社にばれないようにするための方法をサラリーマンが解説するぜ

副業禁止の会社で働いていたとしても、ばれないようにするための対策という抜け道は存在しとります。稼ぐという意志が本物であればこういう細かいこともやっとかなきゃいけないですぜ。

申請とか必要になってくると多少めんどくさいことも出てくるかもっすけど、めんどくさいことをやるから稼げるっていうマインドで行きましょう。というかこの記事読むのめんどいと思うんですけど、ここまで読めてる集中力あれば大丈夫っすね。

会社の副業規則をまずは確認する

対策か?って感じですけど、まずは自分の会社が本当に副業禁止なのかっていうのは確認しておくのは大事です。

心配して心配して時間を超絶かけて準備したり対策したりしたにも関わらず、蓋を開けてみたら「うちの会社副業オッケーだぜ!」って部長が満面の笑みで言ってきたらどうしますか?

僕だったらひざから崩れ落ちて、そのまま前転して歩き出してしまうくらいショック受けます。

実際のところ副業禁止を解く会社も増え始めてきてます。まだ少ないっすけどね。でもあるにはあるわけなんで。

大企業ほどここらへん寛容というか、ある意味無責任とも言えますけど。調べてみると案外禁止されてないかもですよ。

そもそも、副業禁止っていうのは、本業に悪影響を及ぼすことが考えられて禁止していることがほとんどだったりするわけです。これは知ってますよね。

裏を返せば本業に支障がなかったり、本業にプラスに成るならと奨励する企業が増加してたりします。

昔ほど企業も社員に責任取れなくなってるってのもあるかもですけどね。ゼロじゃないんで調べてみましょう。

欲求封鎖!自慢しない

たぶん結構これでバレてる人多いと思います。

稼いだら自慢したくなるのが人間ってもんですよ。自己承認欲求の塊ですからね。人間は。

でもぐっとこらえましょう。

そもそもなんで自慢したらバレるかって言うと、喋ったやつがバラすからに決まってますよね。普通に「あいつ副業で〇〇円稼いでるらしいぜ」くらいのかるーい感じで喋っていつの間にか上層部の耳に触れるという、人間はうわさ話とか大好きですから。瞬間で広まります。

しかもで言えば、「俺〇〇円稼いでいる」って言われてどう感じます?むかつきません?

復讐心も煽っちゃうんで社内の人間関係も微妙な感じになります。嫉妬や妬みも買います。

良いこと無いので辞めましょう。何より100%バレます。

どうしても話したいのであれば、身内やあと社外の友人とかにしておきましょう。それでも人に言えばバレる可能性は1%でも上がることは覚えておくといいっすよ。人ってそんなもんです。

ブログやメルマガなどで素性がバレるものはなるべく出さない

できればブログとかでも顔出しとか名前出しとかはしない方向が良いかと。

もちろん出したほうが信頼関係を結びやすいというのはあると思いますが、無くても十分ビジネスは出来ます。事実僕は顔出ししてませんし、名前も出していません。それでもブログを見てくれる人はいますし、コメントを返してくれる人や、コメントをくれる人もいます。

ファンも付きます。

出すことがビジネス的に良かったとしても、それが精神的に負担になったり恐怖を感じて動けなくなるくらいなら、出さないと決めてやるほうが精神衛生上いいわけです。

僕は昔本名でブログやってたことありましたが、思いっきり会社の専務にバレました。超怒られたというか即削除しましたが、バレた原因が本名でやってたことです。

実は人の名前ってネットで検索されます。そんな時本名でしかも個人情報が特定出来る状態にしておくと簡単に特定されてしまいます。僕はすでに体験したので、それ以来本名は控えてたりします。そのくらい名前は結構バレる確率高いです。

人間って案外他人の動向を気にしてたりするんで。甘く見ないほうがよろしいかと。

ちなみに僕はSNSも注意が必要。以前ツイッターで他の人の誹謗中傷とか卑猥な発言してる人がいたんですが、別のSNSから完全身バレして、訴訟起こされ、会社解雇、損害賠償請求、名誉毀損で訴えられるとかってなってました。

おーこわ。気をつけましょうね。

確定申告をする(普通徴収を選ぶ)

年間で20万円以上利益確定したら、確定申告する必要あります。他にも2つ以上のところから収入が発生してると必要なんで、とりあえず必要ということです。はい。

そういう決まりなんで。やらないと脱税になります。

確定申告をすると「住民税」と「所得税」を払うことになります。

2月15〜3月15日の間に確定申告したら、その時に所得税を支払う。住民税に関してはなんもしなければ会社の所得と合算して徴収されてしまうんで、対処が必要になります。

この住民税も会社にバレる主な原因なんですが、対処しないと会社に通知が届いて思い切りバレます。

なので、確定申告のときに住民税を「普通徴収」に変えればオッケーです。

 

ちなみに一応念の為4月くらいになったら、直接「住民税が会社に請求されると困るんですけど、普通徴収に間違いなくなってますか?」って確認した方が良いっす。

役所の人間も人間ですし、担当が超うっかり君だったら終わりなんで。なんかのミスとかで特別徴収になってて会社にガッツリ請求されたら取り返しつかないことになっちゃうわけなんす。ミスしたほうを責めたくなると思うんですが、激怒しても状況は変わらないわけで、そんな状況にならないよう自分の身は自分で守るマインドが大切。

人を頼るの大事ですけど依存はダメなんすよマジで。

余談:マイナンバー制度では副業はばれないので安心を!

ちょっと不安なのがマイナンバー制度ですよね。僕完全にこれで給料とか所得とかを把握され管理されるもんだと思ってました。

でも調べると少し違いました。

結論から言えば、マイナンバー制度では副業がばれることは無いです。

というのも、マイナンバー制度というのは以下の理由で作られたものです。

マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関が保有する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されます。

マイナンバー制度の導入のポイントは、次のとおりです。

国民の利便性の向上
 これまで、市区町村役場、税務署、社会保険事務所など複数の機関を回って書類を入手し、提出するということがありました。マイナンバー制度の導入後は、社会保障・税関系の申請時に、課税証明書などの添付書類が削減されるなど、面倒な手続が簡単になります。また、本人や家族が受けられるサービスの情報のお知らせを受け取ることも可能になる予定です。
行政の効率化
 マイナンバー制度の導入後は、国や地方公共団体等での手続で、個人番号の提示、申請書への記載などが求められます。国や地方公共団体の間で情報連携が始まると、これまで相当な時間がかかっていた情報の照合、転記等に要する時間・労力が大幅に削減され、手続が正確でスムーズになります。
公平・公正な社会の実現
 国民の所得状況等が把握しやすくなり、税や社会保障の負担を不当に免れることや不正受給の防止、さらに本当に困っている方へのきめ細かな支援が可能になります。

引用:総務省|マイナンバー制度

簡単に言えば、税収の把握と、社会保障制度の円滑化。もっとわかりやすく言えば、お金ちゃんと国民から回収できてるか?手続きとかは円滑にできるか?って感じで、国の運営の円滑化が目的です。

副業を根絶させたいという目的が一ミリも含まれてないので、そっからバレることは無いのが現実です。というか国が個人の副業に口出す意味も無いですしね。

マイナンバー制度は心配不要ですねん。ご安心を。

ネットビジネスは更にばれるリスクを下げることが出来る

いろいろある副業の中で僕がやってるのはネットビジネスってやつです。

その中でもサイトアフィリエイトというのをやっとります。

サイトアフィリエイトというのは、簡単に言えば、サイトで商品を紹介し商品が売れたら売れた中から何%か報酬がもらえる仕組みで稼ぐ方法のことです。アフィリエイトに関しては【図解あり】アフィリエイトとは何?意味は?初心者に向け簡単に解説!でも説明をしていますので、見てもらえれば理解できると思いますわ。

価格ドットコムって知ってますか?あれがまさにサイトアフィリエイトのサイトです。

イメージ付きましたか?

で、サイトアフィリエイトの場合神レベルのばれない為の対策を取ることが出来るわけです。というのも、サイトアフィリエイトというのは紹介する商品をASPというサービスを使います。ASPってのは紹介して欲しい商品を持っている企業と、紹介したいビジネスマンをつなげてくれるサービスです。

そのASPにいって僕たちは商品を選ぶわけです。つまり提携するという感じです。

このASPを経由して商品を紹介するというのがどでかいポイントで、サイトで商品を紹介してかりに商品が売れたとすると、報酬は一旦ASP側に払い込まれます。その後ASP側から僕たちに向けて振り込まれて来るシステムになっています。

何が言いたいかと言うと、僕たちの口座には直接振り込まれないということなんです。直接振り込まれないということは、まさに冒頭で家族名義の口座を借りているのと同じ状態です

副業がばれないんですよ。実態が無いんで。税務上ですが。

なのでガンガンストックし続けることが可能なんです。この仕組知った時超びっくりしたっていうか、やべー見つけちゃったって感動しましたよ。ほんとそんな知識すらなかったですからね。

いろいろ調べたらとりあえず出来るASPは多くなかったんですが、超大手のA8.netは出来ることがわかりました。

そんな少ないなら意味ないんじゃないかって思われるかもですが、A8.netは業界のリーディングカンパニー的な立ち位置なんで基本紹介したい商品はほぼ見つかります。そんくらいのモンスターです。

なので商品が見つからないとか基本無いんでご安心あれ。

あとはグーグル・アドセンスというアフィリエイトもあります。これは商品を買ってもらうんや無くて、クリックしてもらえたら何十円とかもらえるビジネスですねん。芸能人のゴシップとかトレンドの記事とかそういうサイトで使われていることが多い広告スタイルです。

これもいけます。

調べた所、A8.netが無期限オッケーで、
グーグルアドセンスは2年間は留保してくれるっぽいです。

2年もあればいいとこ稼げるはずなんで期間としては問題なしですね。ちなみにどっちも月100万超えてる人がゴロゴロいるんで市場がちっさいとかはもう考えなくて大丈夫です。

僕は最初転売してたんですけど、即金で入ってきちゃってたんでどうしても対策を取らなきゃ行けなかったんでほんと大変だったんですよね。しかも仕入れと売上ともう経理がシッチャカメッチャカで頭パンクでした。

アフィリエイトなら基本は経費ゼロだし、あっても数万なんで、あとでの経費計上も簡単です。

しかも留保できるから会社にバレずに出来るってことでほんと目からうろこでしたわ。世の中便利な仕組みがあるんだなって思いましたし。

ネット上に置いておくことが出来るんで、小分けにして引き出してもいいと思いますし、脱サラ決め込んで会社辞めたときに一括どーんと振り込みにするっていう手もありますね。どちらにしても自分の状況に合わせて変更が可能なので、状況次第でかえるのが良いと思います。

こういうことを知っているか知っていないか?それだけでも副業に対する取り組み方って変わってくると思うんですよね。ビビって副業できませんって言っている人と、ばれない賢いやり方をガッツリ調べて、確証を得た上で突き進んでいくのとは同じ時間を過ごしても、結果はどえらい違いになっているわけです。

こういうのもチャレンジしているからこそ見つけることが出来たわけです。

なにもせず未来を憂いていても1円も稼ぐことは出来ません。稼ぐことが正義とまでは言いませんが、稼げるようになることは人生の自由度を半端なくあげてくれると思いますし、家族もめっちゃ喜んでくれると思いますよ。

お父さんが脱サラして、毎月家族旅行とか子供どんだけ嬉しいんですかね?しかも教育費かけまくることできますよ。英会話の教材とか買っちゃって、聞かせまくったり、いろんなとこ連れて行って、自然とかに触れまくって超感性豊かな人間に育ったらそれだけですごい価値ある人間ですよ。

自分の選択一つで将来は行かようにでも変化させることが出来るのが現代なんで。ピンチなようでチャンスなんじゃないかって密かに思うわけです。

とりわけ、ネットビジネスであれば、リスクはほぼゼロで収入は少なくとも会社員以上を目指せるわけです。

1年も真剣に取り組んでいれば、自分の力でサイトを運営して、ネット上で月数十万円〜数百万円を稼ぎ出すことが出来る「知識とスキル」を手にしていることだと思います。

1年真剣にやって何も結果でないってありえないですからね普通に。ほとんどの人は続かないだけ。いろんなことにビビって。昔の僕もですはい。

副業ばれるのビビって踏み出せないのは損だって、今回の情報見てわかったはずです。

ただ本腰据えていきましょう。ガチ勢で。

人生の舵きりたきゃそれなりに重い船を動かさんと行けないんで、最初は労力使いまっせ。でもしのいだら有意義な航海が待っとります。というわけで行きましょう。人生ガンガン変えてやりましょう。一回きりですわ。人生は。

—————————————————————————————————————————

どうもハヤパパです。

30歳で転職8回しました。
普通の感覚で言えば終わってるかも知れません。


ジョブホッパーの時点でサラリーマンとして出世する道は
圧倒的に閉ざされていますので。諦めました。

と言いつつ、おべっか、ゴマすり出来ないんで
出世昇進は最初から無理だと思います。

今はサラリーマンやりながらネットビジネスやりつつ
100人以上の外注さんを雇って
サイト作る日々を送ってます。

1社員が中小企業レベルの人材を確保しています。

相当エキサイティングな日々を楽しく過ごしています。

コレまで社会に出てから何も続かなかった
終わってるサラリーマンが、外注化ネットビジネスで
サイトから稼げるようになりました。

しかも仕組み化出来たので
1記事も書かず勝手に出来上がります。


こんな転職男も妻と2人の子供を持つ立派な父でございます。
会社嫌い、給料上がらない、
でも子供を幸せにしたい。


ジョブホッパーになったキッカケや、子供への熱い思いを
以下の記事で語ってます。興味あったらみてください。
時給476円物語をさらっと流し読みする

—————————————————————————————————————————

会社に向いてない人のための終わってる思考メルマガ

常識外の「終わってる思考人」たちが集う精神と時の部屋はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です