ハヤパパ人生のモットーと最終的なゴールについて

この記事を書いた人

名前:ハヤパパ(元営業マン)。得意:インターネットマーケティング、サイトアフィリエイト、外注化。 肩書:会社員。元ビビリーマン。サラリーマン時代、常にビビって萎縮。ミスも多く上司、お客さん問わず怒られまくっていた。「このまま人生終えたら、後悔しか残らん!何より怒られたくない!」精神で在職中にビジネス起業。バレないように必死こいて対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。1年で本業の収入を超えて会社員脱出中。会社を辞めたい給料18~30万で頑張っているサラリーマンに「働かずして稼げる仕組みを作ろうぜよ」と謙虚に低姿勢でサポートをしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で最高100人雇い、最低1ヶ月100記事以上をサイトに投下中。時間のないサラリーマンに外注化を推奨している。



耳で聞ける読書アプリ。月額750円で聴き放題。通勤中に聞きまくれるし、聞き流しで本が読める革命。1日1冊は余裕で達成。どんどん賢くなっていく最強ツール。無料期間あるから気軽にお試しを。価値観崩壊!

日本最大級!オーディオブックなら - audiobook.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうもハヤパパです。

僕の人生のモットーと最終的なゴールについて

つらつらと書いていこうかと。後で振り返ったら違ってた、変わってたなんてこともあったらそれはそれで変化しているということで記録として使える。

信念とかゴールとかモットーって変えちゃいけないものに思われがちだけど、個人的にはガンガン変えてオッケーだと思ってる。変わらないってことは成長が止まってるってことだと思ってるタイプなんで。

ではスタート。

人生のモットーは「ゆるく楽しくテキトーに」

僕のモットーは旗からみても完全に終わってるなって思います。

厳しさ一切なしってのが自分に甘々ですわね。もう厳しいの大嫌いです。高校時代部活がめっちゃきつかったんで、反動でキツイ人生嫌だって逃げ回ってきた結果今に至ります。

でも、このモットーは時代的に結構僕の中ではフィットしてると勝手に思ってる。

今、仕事が原因で自死しちゃったり、追い詰めすぎて鬱になったり、会社にいけなくなっている人って想像以上に増えてます。これは真面目に事実。

そもそもなんでこんなモットーになったかって言うと、さっき学生時代の部活のことも話しましたけど、それより社会人2年目で入社した住宅営業の会社の影響が結構色濃いです。控えめにいってブラック企業でしたし、大げさに言ってもブラック企業という、ダブルドブラック企業に入社してしまったわけです。

たぶんね、うつになったことがない人にとっては会社で追い詰められることがどんだけ辛いことかわかんないんですよ。だから気合だとか、頑張れば出来るとか、言っちゃうわけで。そんなこと本人もわかってるけど頑張れないんすよね。

ぶっちゃけ今の50代とかの人の時代は良かったんすよ。きつくてきつくて仕方なくて、上司に怒られ、殴られ、精神的に追い込まれようが、ただ頑張れば成果が出る時代だったんで。しかもその上司達は叱り方が実にうまかった。叱っても結果が出たらよくやったってお父さんみたいに褒めてくれたわけです。

今の上司たちよ、叱ることは出来ても褒めるとは出来ているかい?

コレをまず問いたい。

そして、今の時代ものあまり、つまり頑張っても頑張っても成果出ないんすよ。頑張れば成果出るとか思ってるかも知れないと言うか、そう言い聞かせてる上司たち、そうすることしか支持できない上司多いと思う。せめて具体的に指示してあげればいいのに出来ない。みんな何していいかわからない。だから頑張れしか言えない。数こなせとしか言えない。

で、成果でない。鬱になる人は真面目なんすよ。真面目で一生懸命頑張って、上司の期待に答えようとして、でも結果でなくて、怒られて、自分で責任感じて、精神的に病むみたいな感じになっちゃってるんですよね。僕は左記の流れで鬱になりました。

幸い、海を見に行き「俺の悩みは小さい」と謎にやる気が出たんで、超軽症だったから良かったです。

そっからっす。

「ゆるく楽しくテキトーに」

っていうモットーになったのは。自分で自分を追い込んだり、人を追い込んだりするのは辞めて、ゆったりゆっくり生きたら良いって思っています。

追い込んで精神やんだら、社会的に回復するのには相当な時間掛かるんで、何年も棒にふることになるんです。

だったらキャリアとかプライドとか、捨てて精神的に自由になることがまずは大事なんじゃないかと思って、自分を苦しめないコンセプトにしました。

結構このモットーって勇気いります。

頑張ってたほうが、なんとなく社会に取り残されない気がするし、頑張っている自分を褒めてあげたり成長できる気がするんで。でも頑張れば頑張るほど苦しくなって、会社嫌いで、自信もなくなって辛かった。

今のスタイルが自分にあってるんだって思います。

結局は自分基準で決められるかどうか

結局仕事頑張るとか、結果出すってのも誰かに認められたくてやってるケースがほどんどだと思う。

もし、その仕事誰からも必要とされず、感謝もされず、社会的にお荷物だと思われてもやりますか?って質問されたらやる人ゼロだと思います。

頑張るのも結局は承認欲求を満たしていたり、不安だからやってるんですよ。

で、自分ばっかり頑張りたくないから、やってない人を責めてくるんです。ほぼ八つ当たり。

その基準を自分基準にシフトして、自分の満足さえ追っかけていれば、いろんな問題解決するはず。

だから僕は完璧じゃないと思うし間違うことも多いし、全部出来ないけどなるべく、自分基準で判断することを意識して生活するように心がけてます。

子供はマジで自分基準

子供育てると分かるんですが、子供ってホント自分基準で判斷します。今2歳なんでなおさら。自分がしたいことしかしないし、したくないことは泣き叫んでまでもしない。だから人生相当楽しそうだし、日々チャレンジして成長しまくってます。

歯磨きしたくない

トイレ行きたくない

抱っこして欲しい

眠たい

お腹すいた

ジュース飲みたい

わがままなんですけど。欲しいものは手に入れるまで諦めない。

自分基準で生きることができれば強さが身につくんです。

それが大人になるに連れ、いつの間にか誰かの目を気にして生きていく事になってしまいます。誰も気にしていないのに自分だけ気にして、つい遠慮がちにしてみたり。だから声ちっちゃいし。ちなみに僕です。

自分の人生生きてないなって我ながら常に反省の毎日です。

人生のゴール

フリー

コレです。

フリーにはいろんな意味があります。もちろん会社辞めて自由になるという意味のフリーもあります。精神的に開放されるフリー、良い人間関係だけと付き合うフリー、お金の自由、時間の自由、場所の自由、いろいろな自由があります。

僕はまず

お金、時間、精神、人間関係、場所の5つの自由を手に入れたいと思っています。だからサイトアフィリエイトやってます。今知りうる限り最善の方法だと思うからです。

その後は、本当にやりたいことを考えます。たぶん子供の教育と仕事に悩んでいる人への何かしらアプローチすることはすると思います。

真面目に僕は会社嫌いで、会社行きたくないんで、まずは会社に行かなくていい人を増やす活動をすると思います。

でゴールはフリーです。

今はです。数年後変わるかも知れません。

でもみんな自由に生きられたら最高じゃないですか?働きたい人は働く、農家やりたい人は農家、会社という組織に頼らず生きられたら、選択肢がめちゃくちゃ広がります。

考えただけでもワクワクしてきます。

最後にまとめます。

僕のモットーは「ゆるく楽しくテキトーに」です。

僕の今のゴールは「フリー」である存在です。

以下僕の自己紹介もあります。合わせて読んでもらえると嬉しいですわ。

興味ないだろうけど自己紹介すっぞ!価値観とか好きなもの紹介〜

2019年9月13日
—————————————————————————————————————————

どうもハヤパパです。

30歳で転職8回しました。
普通の感覚で言えば終わってるかも知れません。


ジョブホッパーの時点でサラリーマンとして出世する道は
圧倒的に閉ざされていますので。諦めました。

と言いつつ、おべっか、ゴマすり出来ないんで
出世昇進は最初から無理だと思います。

今はサラリーマンやりながらネットビジネスやりつつ
100人以上の外注さんを雇って
サイト作る日々を送ってます。

1社員が中小企業レベルの人材を確保しています。

相当エキサイティングな日々を楽しく過ごしています。

コレまで社会に出てから何も続かなかった
終わってるサラリーマンが、外注化ネットビジネスで
サイトから稼げるようになりました。

しかも仕組み化出来たので
1記事も書かず勝手に出来上がります。


こんな転職男も妻と2人の子供を持つ立派な父でございます。
会社嫌い、給料上がらない、
でも子供を幸せにしたい。


ジョブホッパーになったキッカケや、子供への熱い思いを
以下の記事で語ってます。興味あったらみてください。
時給476円物語をさらっと流し読みする

—————————————————————————————————————————

会社に向いてない人のための終わってる思考メルマガ

常識外の「終わってる思考人」たちが集う精神と時の部屋はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です