【ゲームは禁止】会社をサボりながら豊かになる方法を解説!本業は半分でOK

この記事を書いた人

名前:ハヤパパ(元営業マン)。得意:インターネットマーケティング、サイトアフィリエイト、外注化。 肩書:会社員。元ビビリーマン。サラリーマン時代、常にビビって萎縮。ミスも多く上司、お客さん問わず怒られまくっていた。「このまま人生終えたら、後悔しか残らん!何より怒られたくない!」精神で在職中にビジネス起業。バレないように必死こいて対策をしながら必死にアフィリエイトサイトを作成し続ける。1年で本業の収入を超えて会社員脱出中。会社を辞めたい給料18~30万で頑張っているサラリーマンに「働かずして稼げる仕組みを作ろうぜよ」と謙虚に低姿勢でサポートをしている。コンサル生多数活躍中。得意分野は外注化。1人で最高100人雇い、最低1ヶ月100記事以上をサイトに投下中。時間のないサラリーマンに外注化を推奨している。



耳で聞ける読書アプリ。月額750円で聴き放題。通勤中に聞きまくれるし、聞き流しで本が読める革命。1日1冊は余裕で達成。どんどん賢くなっていく最強ツール。無料期間あるから気軽にお試しを。価値観崩壊!

日本最大級!オーディオブックなら - audiobook.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、ハヤパパです。

会社員は辛いと感じませんか?

真面目に働いているにも関わらず給料が年間で数千円程度しか増えない。
一生懸命働いても老後の不安は消えないな
頑張っても生活はいつまで経ってもカツカツ

こんなふうな気持ちを感じたことはありませんか?

今回の記事は

サボりながら稼ぐ方法を公開します。

日本のサラリーマンは仕事をしすぎなので、
働き方改革を自ら推進することをおすすめします。

後半の方では具体的にどうやって稼ぐのかについても言及していきます。

サラリーマンの仕事は半分の時間でオッケーです。

8時間の半分、4時間もあれば十分仕事をすることができます。

理由は簡単で、仕事が減ってきているからと
IT化が進んでいるため、業務が効率化されているからです。

具体例を元にお話すると
スーパーのレジは今まで、30代〜50代くらいの女性を雇用して
ピッピピッピとレジを処理してもらっていました。

それが現在、全てとは言いませんが無人のレジが急激に増えてきています。

IT化が進んだことによって、人間の仕事が減っている事例です。

有人レジにしても会計は無人になっていたりと業務効率化が進んでいます。

他の例も紹介します。

例えば営業マンでも、かつてはチラシをもって一軒一軒回って営業活動をしていました。
足を棒にしてという営業活動をしていた人も実際にいると思います。

現在では、メール、電話、ネット広告などで営業が完結します。

youtubeやSNSなどに広告を設置しておけば
営業マンに訪問させずとも、見込み客を集めることができる時代です。

むしろその方が現代では自然なので、反応が良かったりします。
逆に営業マンが来ると嫌がられてマイナスイメージになる場合もあります。

営業マンの仕事もITによって効率化されているのです。

もちろん、
「半分の量ではとても仕事が終わらない」という声もあると思います。

それもわかります。業務上どうしても現在の仕事時間では終わらず
残業してやっと終わるという人もいると思います。

そういった方には一度、その作業はすべて必要なのか?
もっと時間を短縮できないか?
早めに会社に帰って、残業分を減らせないか?

は検討してみてもらうといいと思います。

いきなり半分は難しくても、30分でも1時間でも減らせれば
他のことをできる時間が増えるので試して見る価値ありだと思います。

サービス残業が多いならその分サボるのもあり

もしあなたの会社でサービス残業が多いなら、
その分を休憩時間としてサボりましょう。

理由はシンプルでして、

  • 作業時間の確保が必須
  • 時間の使い方を見直す必要あり

だからです。

作業時間の確保が必須

残業をしている分会社での拘束時間が増えます。

絶対的にサボる以外に時間を確保できません。
時間を確保できなければ豊かにはなれないので
全力で時間を確保しましょう。

時間の使い方を見直す必要あり

豊かになるためには少なくとも、
今の時間の使い方を見直す必要があります。

外回りの営業マンであれば束縛は少ないはずです。

サービス残業に時間を使わなければいけない環境であれば、
日中誰もみていない時間サボりましょう。

現代の時間の使い方、今の自分の時間の使い方は本当に正しいのか?

これから自分や家族が豊かになるために
有益に使えているかは厳密に見る必要があります。

常識に縛られた使い方だともしかしたら損をしているかもしれません。

僕が過去経験した例でお話します。

サービス残業が多い会社というのは、「やりたくもないのに」
会社に残って仕事をしていなければいけない雰囲気が漂っています。

本当に害悪ですね。

就業時間が終わってからが本番みたいな空気感がありますよね。

実際仕事がなくても、残らなければ行けないなんてことは結構あります。

僕の場合営業職で残業代込みの給料でしたので
自然とサービス残業をする方向になってしまいました。

時間のムダだとか、意味がないのはわかってましたが
会社の人間関係もあるのでなかなか先に帰れません。

そこで、サービス残業時間をサボり時間にあてました。

営業日報も不要だったのでサボりまくりでした。

サービス残業って誰の為にやっているんでしょうか?

自分の労働力を安く見積もると損をします。

あなたの時間は高いので、対価を得られる所で仕事をするという
スタンスで働くことをおすすめします。

ゲームは禁止!オススメはネットビジネスです。

サボって時間を作ったらやって欲しいことがあります。

ゲームではありませんのでご安心を。

会社をサボってよくスマホゲームをしている人を見かけますが
非常に生産性が低いのでおすすめしません。

結果的に課金をして、奥さんに怒られるだけです。
財布の中身も薄くなるのでいい選択とは言えませんね。

では何をしてほしいのか?

ネットビジネスをおすすめします。

オンラインビジネスと言い換えても良いかもしれません。

これも理由はシンプルでして、

場所を選ばず仕事ができる

からです。

サボれるような時間というのは、予め計画するより
突然の場面、不意に訪れます。

サボり時間の有効活用に関してですが、
ネットビジネスは基本的にパソコン1台あれば完結します。

他に専用の道具や、場所などを借りる必要はありません。

お店を開いたりするわけでもありませんし
アルバイトなどのように拘束時間もありません。

なので、場所を選ばずどこでも仕事をすることができます。
コンビニのWi-Fiを使ってもできますし、
今だとスーパーのフードコートにWi-Fiが設置されているところもあります。

空いた時間でさっと行うことができ
サボり時間を有効に活用することができます。

僕はスーパーのフードコートで
ガッツリ2時間くらい居座っていた記録があります。

「ネットビジネスなんて怪しいことできないよ」

と思われると思います。確かにそうですね。
確かに怪しいですよね。

オススメはネットビジネスですが、
とりあえず抵抗感を感じるなら今は何でもオッケーです。

自分が興味があることを勉強するでもいいですし
お金を稼ぐ系でなくてもいいと思います。

何れにせよ、自分が成長することに時間を使ってみて下さい。

そして将来的には

最低でも2つ以上の収入口を作って豊かに

2つ以上の収入口を作って生活を楽にしていきましょう。

僕たちはもうひとつの会社だけの給料では
豊かになれない所まで来ています。

終身雇用制度も崩壊し、日本の景気は悪くなるばかり。

人口も増えていないので、国内の需要だけでは
一部の限られた人や業界した儲からなくなっています。

真面目に頑張っても、収入が増えない構造ということです。

終身雇用制度の崩壊

大企業トヨタの社長も、「終身雇用制度の崩壊」を宣言しました。

トヨタが無理なら、日本中殆どの会社も制度維持はできません。

いつ突然

「明日から給料カット!」と言われるかわからない時代です。

そう言ってもすぐにはカットされないでしょ。

と思われるかもしれませんが、大企業が軒並み
数千人、数万人単位のリストラをしている現状をご存知ですか?

大企業も制度維持が困難で、人件費を減らしにかかっています。

僕たちは増やしたい、でも会社は減らしたい。

真面目に働いても豊かにはなれないんです。

あとは自助努力です。

自分の身は自分で守るしかありません。

50歳でいきなりリストラされたら、就職口に困ります。
年収半分くらいの激安求人しか残っていないかもしれません。

それでいてすぐに就職できる保証もありません。

そんなとき2つ以上の収入があれば、安心ですよね。
何より社員時代に2つ以上あれば、
それだけでも豊かな生活を送ることが可能です。

年収1000万円は難しくても、
年収500万円を2つならだいぶハードルは下がります。

それでも年収1000万円はかわりありません。

サボることで時間を作り豊かな仕組みを作りましょう。

サボることが後ろめたいあなたへ言い訳3選

そうは言っても、サボることに対して罪悪感を感じる人も多いと思います。

僕自身もビビりなので、罪悪感を感じまくってました。

考え方が変わった言い訳を3つ紹介します。

家族のため

再三お伝えしていますが、家族のために豊かになる働き方を選択しましょう。

真面目に9時間働いて何が残りますか?

それで幸福感を感じられるならそれでオッケーです。
そうじゃないなら何かを変える必要ありです。

真面目に働くお父さんより、サボっていても金を稼いでくるお父さんの方が
家族からは頼りにされて、好かれることは間違いありません。

奥さんも喜びます。

将来のため(もしものため)

将来のためでもあります。

もし

突然病気になって働けなくなったら?
いきなりリストラされたら?
年金が出なくなったら?

人生には様々なリスクがあります。

未然に対策をとっておけば安心です。
気持ち的に楽に過ごすことができます。

真面目の方向を見つめ直す

真面目の方向を見直してみて下さい。

今の仕事を一生懸命働くのも真面目だと思います。

ですがもう一方で、自分の人生何が起きても自分で対処できるよう準備しておく。
それはお金の面も含めて。

という気持ちを持ってみて下さい。

今の給料だけだと生活はかつかつ。家族が病気になっても
病院にすら連れていけない。

そんな状態でも真面目に月に10万円稼げるフルタイムで働く。
というのは賢い選択なのでしょうか?

思考停止、無責任にしか移りません。

過去は1つの仕事を一生懸命働くのが正解でした。
おそらく今は2つ以上働くのが正解になってきつつあります。

仮に1つだったとしても、専門分野に特化して単価を上げるか
所属は自由であるケースが増えています。

新しい時代に対して真剣に向き合いましょう。

まとめ

戦争時代の働き方を僕たちは今でも続けています。

その働き方は限界を迎えています。

本業の時間は集中して働く時間を積極的に減らして、
2つ以上の仕事をすることで豊かになる仕組みを構築していきましょう。

—————————————————————————————————————————

どうもハヤパパです。

30歳で転職8回しました。
普通の感覚で言えば終わってるかも知れません。


ジョブホッパーの時点でサラリーマンとして出世する道は
圧倒的に閉ざされていますので。諦めました。

と言いつつ、おべっか、ゴマすり出来ないんで
出世昇進は最初から無理だと思います。

今はサラリーマンやりながらネットビジネスやりつつ
100人以上の外注さんを雇って
サイト作る日々を送ってます。

1社員が中小企業レベルの人材を確保しています。

相当エキサイティングな日々を楽しく過ごしています。

コレまで社会に出てから何も続かなかった
終わってるサラリーマンが、外注化ネットビジネスで
サイトから稼げるようになりました。

しかも仕組み化出来たので
1記事も書かず勝手に出来上がります。


こんな転職男も妻と2人の子供を持つ立派な父でございます。
会社嫌い、給料上がらない、
でも子供を幸せにしたい。


ジョブホッパーになったキッカケや、子供への熱い思いを
以下の記事で語ってます。興味あったらみてください。
時給476円物語をさらっと流し読みする

—————————————————————————————————————————

会社に向いてない人のための終わってる思考メルマガ

常識外の「終わってる思考人」たちが集う精神と時の部屋はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です